トップページに戻る

“安東流 ” おうち丸ごとお片付け

 

片付けの伝道師 安東英子先生認定

 

美しい暮らしの空間アドバイザー

 

お片付け です!

 

お片付け

 

心躍る、お片付けで


“本物のお片付け”をご一緒に♪

 
 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

活動範囲

 

兵庫県、大阪府、京都府一部、岡山県一部

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

交通費についてはこちらをご覧ください

 

※その他の遠方の場合はご相談下さい


Zoomセミナー開催のお知らせ

【写真・思い出品整理】Zoomセミナーが、7月に開催されます♪

講師 柴田 佐妃子アドバイザー


二度と手に入らない、唯一無二のものだからこそ、その保管方法や整理についてのお悩みは尽きないのではないでしょうか?

「いつか、いつか」と先送りしてしまって、整理したい写真や思い出の品が溜まっていませんか?

そんな方の背中をポンと押す内容のセミナーになっています。
お片付け

大人気のセミナーです。お申し込みはお早めに♪

Zoom個人レッスン

お片付け

きれいに早くたためます

収納量アップ

引出しの中を美しくキープ

衣類をたたむことが好きになる

大量の服がある方

ご自身でたためると費用がおさえられます

ご家族全員で同じたたみ方を

一生困らないたたみ方

お片付けも安東流、衣類たたみも安東流でスッキリ整えてみませんか?
衣類たたみが、誰でもとっても簡単キレイに、楽しくできます♪

子供が変わるお片付け5

投稿日2023/03/13

 

子供が変わるお片付け5

 

皆様、こんにちは!

 

兵庫県在住、美しい暮らしの空間アドバイザー<% metaKeywords %>です。

 

20代子育て世代のYさん宅のお片付けをお届けしています。

 

(Yさん、ブログ掲載快諾いただき、ありがとうございます。)

 

Yさんご夫妻は、築6年の戸建てにお住まい。

 

Yさん27歳、ご主人29歳、長男(Aくん)4歳、次男(Bくん)2歳の4人家族です。

 

今日は、リビングをお届けします。

 

Yさん宅のリビングは、元々物の量が多いわけではないので、床置きされてる物のしっかり収納場所が決まれば、Yさんの望まれているスッキリ空間は簡単です。

 

まずは、リビング収納から。

 

リビング収納は、リビング入り口近く、キッチンの横手にあり、階段下に位置しています。

 

before

 

お片付け

 

1つは2メートルの高さの収納と、もう1つはかがまないと入れない小さな収納の2つあります。

 

収納の中は、奥行きもあり、空間にもだいぶ余裕があります。

 

右の白い蓋付きボックスの中もかなりスカスカ状態でした。(一つはベビー服を収納してBくんの部屋へ移動済み)

 

ここの収納をしっかり活用して、リビングをスッキリ片付けていきたいと思います。

 

大きいほうの収納から、全出ししていきます。

 

こちらには、洗面所から背の高い収納を移動したので、家族共有のものを収納していきます。

 

子どもたちに触られたは困るカメラなどは背の高い(185センチ)ご主人の担当なので、一番上へ。

 

出番の少ないプリンター、ミシン、アイロン、裁縫道具、奥さんのストレッチのもの、掃除機などを収納していきました。

 

ちょい置き癖で、いろんなところにあった書類は、ひとまず、失くならないように蓋付きボックスに一纏めにしておきます。

 

カウンター上の白い引き出しケースも棚に移動し、診察券などの医療関係などの収納にしました。

 

もう一つの小さい収納の方は、キッチンの横に位置するので、玄関に置きっぱなしになっていた箱買いのペットボトルのお茶や、あちこちに床置きだったエコバッグや買い物カゴ、割と場所を取るキッチンペーパーのストック、キッチンの床に置きっぱなしのお米など、キッチン関係のものを収納しました。

 

作り付け収納を上手に活用すると、置き場がなく床置きになってしまっていたものがどんどんなくなり、リビングがスッキリしていきます。

 

また、Bくんの部屋に保管してあった棚を設置し、書類を収納する場所も確保します。

 

リビング収納 before

 

お片付け

 

after

 

お片付け

 

そして、同時進行で、2階寝室から移動したチェストの中に、細々した文具類やBくんのお世話に必要な物を、どんどん収納していきました。

 

お片付け

 

(引き出しの中の写真を撮り忘れました。)

 

動けば動くほど、どんどんスッキリ片付いていくので、Yさんもますます積極的に頑張ります。

 

収納の中も、安東流おなじみの100均のカゴを使って、Yさんご自身で収納を工夫される場面も多く見られました。

 

そして、ご主人の管理ゾーンのテレビ台に取り掛かります。

 

実はこのテレビ台周辺は、最初、「俺のゲーム類は 絶対触らんといて。」とご主人に釘を刺されていました。

 

ところが、廊下収納や寝室、そして、物が減ってすっきりしたAくんの部屋を見たご主人は、

 

「俺のゲームのとこもやってくれてかまわへんで、まあ、元に戻すかもしれへんけどな。」となんとも分かりづらい喜びの反応に変化しました。

 

「めっちゃ喜んでるやん!」と、ますますやる気をもらいました。

 

ご主人の許可が出たので、Yさんと協力しながら、テレビ台の中を整えていきます。

 

取捨選択は、ご主人本人しかできないので、分類して整えるだけでしたが、キッチリ引き出しに並べると、見た目がとってもスッキリしました。

 

残るは、窓に並んだご主人のコレクションの数々ですが、ここは、ご主人の許可が下りてないので、掃除だけすることになりました。

 

お片付け

 

掃除を始めると、ほこりがすごくて、「ご主人にこのホコリ見てもらおう。」と話しているうちに、とうとうYさんは、「もうどけてしまおう。」と言ってコレクションを次々に下ろしていかれました。

 

下ろしたコレクションは、ご主人管理の水槽の棚の中に飾ってみることにしました。

 

ご主人のコレクションを勝手に動かしたことが気になっていましたが、水槽の棚の中に飾ったのを「めっちゃかっこいいやん!」とご主人がすごく気に入っていたと聞いて、ホッとしました。

 

お片付け

 

ご主人のコレクションの数々。(もっとたくさんあったのですが、ご主人が減らされたそうです。)

 

?ご主人の変化?

 

部屋が段々片付いていくと、ご主人もご自身の物を見直して下さったり、元の場所にキチンと片付けたりと嬉しい変化がありました。

 

お片付け当初は、カウンターの上の方が癒されるからと言って、絶対に移動しないと言われていた熱帯魚の水槽のために、ゴチャつくタンクをしまえる素敵な白い棚を購入されたりしました。

 

また、再来年に小学校入学のAくんの部屋に、ベッドも購入されたそうです。

 

ご主人のそんな協力のおかげで、ますますスッキリ片付きました。

 

リビング before

 

お片付け

 

after

 

お片付け

 

before

 

お片付け

 

after

 

お片付け

 

ジョイントマットも撤去し…。

 

ジョイントマットの下、要注意です。

 

 

お子さんがこぼした飲み物などで汚れていた床もしっかり拭いて、掃除のしやすい(ルンバもスイスイ)のリビングが完成です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

人気ブログランキングに参加中♪


下のバナーをポチッと、応援お願いいたします♪




掃除・片付けランキング


トップへ戻る