トップページに戻る

“安東流 ” おうち丸ごとお片付け

 

片付けの伝道師 安東英子先生認定

 

美しい暮らしの空間アドバイザー

 

お片付け です!

 

お片付け

 

心躍る、お片付けで


“本物のお片付け”をご一緒に♪

 
 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

活動範囲

 

兵庫県、大阪府、京都府一部、岡山県一部

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

交通費についてはこちらをご覧ください

 

※その他の遠方の場合はご相談下さい


Zoomセミナー開催のお知らせ

【写真・思い出品整理】Zoomセミナーが、7月に開催されます♪

講師 柴田 佐妃子アドバイザー


二度と手に入らない、唯一無二のものだからこそ、その保管方法や整理についてのお悩みは尽きないのではないでしょうか?

「いつか、いつか」と先送りしてしまって、整理したい写真や思い出の品が溜まっていませんか?

そんな方の背中をポンと押す内容のセミナーになっています。
お片付け

大人気のセミナーです。お申し込みはお早めに♪

Zoom個人レッスン

お片付け

きれいに早くたためます

収納量アップ

引出しの中を美しくキープ

衣類をたたむことが好きになる

大量の服がある方

ご自身でたためると費用がおさえられます

ご家族全員で同じたたみ方を

一生困らないたたみ方

お片付けも安東流、衣類たたみも安東流でスッキリ整えてみませんか?
衣類たたみが、誰でもとっても簡単キレイに、楽しくできます♪

実家、再び Aまずは物置

投稿日2023/10/30

 

実家、再び Aまずは物置

 

皆様、こんにちは!

 

兵庫県在住、美しい暮らしの空間アドバイザー<% metaKeywords %>です。

 

実家を丸ごと片付けて、1年経ちました。

 

1年前の実家が気になる方は、こちらから

 

未だに残る弟の物がキッカケ(実家、再び1キッカケ)で、再び片付けを始めることになりました。

 

黒ユニフォームで現れた本気の私の姿を見た両親の表情には、

 

『あぁ。やっぱり始まるのか…。』という感情が溢れ出ていました。

 

『よし!やろか。』

 

とやる気満々で、エプロンまでつけ始める私を、なんとかお茶を飲ませて落ち着かせようと、美味しそうなお菓子とコーヒーを出してくれました♪

 

和やかなお茶の時間を過ごしながら、母が言いました。

 

『片付けって、普通10年に1回くらいでいいんとちがう?』

 

ちょっと意味がわかりません(笑)

 

『”普通10年に1回”ってなによ。だいたい10年経ったらお母さん何歳やと思っとん?』と、10年経ったら88歳になる母に言い返します。

 

お片付けの伝道師である安東先生も、「若い時できたことが、歳を重ねて、だんだんできなくなることが増えていく」と言われているというのに。

 

『毎年ちゃんと見直して、もっと使いやすくしたり、要らんものを処分したりしないと、また大変になるんやで。』

 

と言うと、

 

母は、『そんなこと言うけど、お母さんくらいの歳になったら、せっかく場所を覚えたのに、また変わると分からなくなって困るから。』ということでした。

 

母のこの発言はごもっともで、私にとってすごくいい学びになりました。

 

母の思いを汲み、『分かった!場所をあんまり変えないようにしながら、もっとわかりやすくするわ!』と言うと、少し安心したようでした。

 

そんな会話をしながら、『やっぱり物置からやな。』と宣言する私に、物置の管理者である父は、『物置はちゃんとしとるから大丈夫やで。』と、物置はしなくて大丈夫と猛アピールしてきます。

 

それを聞いて、引き下がる私ではありません。

 

『分かった。じゃあ掃除しよか。』と雑巾を片手に、さっさと物置に向かいます。

 

皆様も、気候がいい季節なので、外の物置をやるチャンスです!

 

 

外に物置がない方は、納戸や押入れからです。

 

 

扉を外します。

 

before
<% metaKeywords %>

 

1年前より、少し物が増えています。

 

ちなみに、昨年片付けた時のアフターはこちら♪

 

<% metaKeywords %>

 

家の中から移動してきた工具箱が仲間入りしたことによって、中の物も移動してありました。(移動は父が頑張りました。)

 

掃除となると、やっぱり、中の物を全出ししなくてはなりません。

 

<% metaKeywords %>

 

やっぱり砂ぼこりなどで、汚れています。

 

<% metaKeywords %>

 

汚れを見せようと振り返ると、父の姿がありません。

 

どうやら、車を洗おうとしています。

 

『今回は掃除やから、お父さんの出番ないやろ?』という父に、

 

『いやいや。お父さんの出番しかない。」というと、父は、素直に取捨選択を始めてくれました笑

 

<% metaKeywords %>

 

その間に、私は物置を掃除して、いる物を収納していきます。

 

父は、『もうこれも要らないな』と言いながら、くたびれた軍手などサッサとゴミ箱へ入れてくれました。

 

そして、父が全て確認していくと、空の容器がこんなに出てきました。

 

<% metaKeywords %>

 

父は、『空容器、こんなに入れてたわ。』と苦笑い。

 

やっぱり見直して正解でした。

 

after
<% metaKeywords %>

 

今回、物置にかかった時間は、30分。

 

去年は、約2時間かかりました。

 

父にそのことを伝えると、『なるほどなー。汚れも物も何年も溜めたら、それだけ時間もかかるし大変ってことか…。』

 

と納得してくれたようでした。

 

『そうそう。な?やってよかったやろ?』

 

とドヤ顔の私に、両親は首を縦に振るしかないようでした(笑)

 

次回も"実家、再び"シリーズ続きます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

月・金の朝6:00にブログを定期更新しています。

 

またのお越しをお待ちしております!

人気ブログランキングに参加中♪


下のバナーをポチッと、応援お願いいたします♪




掃除・片付けランキング


トップへ戻る