トップページに戻る

“安東流 ” おうち丸ごとお片付け

 

片付けの伝道師 安東英子先生認定

 

美しい暮らしの空間アドバイザー

 

お片付け です!

 

お片付け

 

心躍る、お片付けで


“本物のお片付け”をご一緒に♪

 
 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

活動範囲

 

兵庫県、大阪府、京都府一部、岡山県一部

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

交通費についてはこちらをご覧ください

 

※その他の遠方の場合はご相談下さい


Zoomセミナー開催のお知らせ

【写真・思い出品整理】Zoomセミナーが、7月に開催されます♪

講師 柴田 佐妃子アドバイザー


二度と手に入らない、唯一無二のものだからこそ、その保管方法や整理についてのお悩みは尽きないのではないでしょうか?

「いつか、いつか」と先送りしてしまって、整理したい写真や思い出の品が溜まっていませんか?

そんな方の背中をポンと押す内容のセミナーになっています。
お片付け

大人気のセミナーです。お申し込みはお早めに♪

Zoom個人レッスン

お片付け

きれいに早くたためます

収納量アップ

引出しの中を美しくキープ

衣類をたたむことが好きになる

大量の服がある方

ご自身でたためると費用がおさえられます

ご家族全員で同じたたみ方を

一生困らないたたみ方

お片付けも安東流、衣類たたみも安東流でスッキリ整えてみませんか?
衣類たたみが、誰でもとっても簡単キレイに、楽しくできます♪

実家のお片付け15

投稿日2023/02/20

 

実家のお片付け15

 

皆様、こんにちは!

 

兵庫県在住、美しい暮らしの空間アドバイザー<% metaKeywords %>です。

 

"実家のお片付け"をお届けしています。

 

私の実家の両親は、築20数年の4LDK一軒家に住んでいます。

 

母は78歳、父は72歳の高齢夫婦です。

 

今日はいよいよ最後の玄関です。

 

玄関 before
お片付け

 

玄関の上がり口のこの棚から、見直していきます。

 

引き出しには、のこぎりなどの工具や雑多なものが入っていたので、父に見直してもらいました。

 

扉の中は殺虫剤多数、家具お手入れ用のスプレー、皮製品のスプレーなどが収納されていたので、見直したり、掃除用の場所へ移動しました。

 

after
お片付け

 

靴箱 before
お片付け

 

扉には白いカビのようなものが付着していました。

 

靴箱は湿気が気になる場所です。

 

物を詰め込みすぎると、大変です。

 

ここも掃除がたいへんでした。

 

上からどんどん出していきました。

 

途中ビールの缶が4本出てきて「なんで?靴箱に?」とびっくりしましたが、母曰く、賞味期限の切れたビールを、ナメクジ退治に使うのだそうです。

 

なので、殺虫剤の場所へ移動しておきました。

 

(ネットで調べたら、ビール+塩でおびき寄せて駆除することができるようです。)

 

お片付け

 

掃除にハマった父が、「お父さんに掃除は任せて!」と言ってくれたので、固く絞った雑巾と乾拭き用の雑巾を渡し、お任せしました。

 

その間に、母を手伝いながら、取捨選択です。

 

靴以外に、自転車のカゴカバーが4つ、物干しカバーが2つ、軍手がゴロゴロ、レジャーシートが5枚、保冷バッグが6つ、掃除用品などなど、細々したものが、なんだかんだ突っ込んでありました。

 

靴箱から全出しすると、物の量に圧倒されてしまうようで、最初は母の動きが鈍るので、一つ一つ聞きながら、要るものをカゴに入れて行きました。

 

しばらく一緒にしていきます。

 

しばらく手伝うと、自分でどんどんできるようになっていくので、そのあたりから、収納にとりかかりました。

 

出番の少ない冠婚葬祭用の靴は上へ。

 

レジャーシートも6枚ありましたが、3枚に絞って上の方へ。

 

掃除シートなどは取りやすい場所へ。

 

母に確認しながら、どんどん収納していきます。

 

普段履く靴の場所からは、たくさんの乾燥剤がでてきました。

 

(30個くらいは余裕でありました。)

 

靴は一足くらいしか処分する物はありませんでしたが、雑多な物を処分し、キッチリ収納していくと、とてもすっきりしました。
after
お片付け

 

お片付け

 

玄関も無事に完成です。

 

これで、実家の丸ごとお片付けはすべて完了です。

 

昨年10月から始まり、約2ヶ月間、毎週土日と祝日に通いながら、両親と3人で頑張りました。

 

お片付けには、【体力】【気力】【精神力】が必要になります。

 

高齢の両親、特に母にとっては、本当に大変なことばかりでした。

 

片付けは、長引けば長引くほど、体力も気力も精神力もすり減らしてしまいます。

 

年内目標でしたが、予想以上に両親の頑張りがあったおかげで、とっても早く片付きました。

 

無事に家が丸ごと片付き、両親は心からホッとし「本当に片付けて良かった」と大喜びでした。

 

「2人では、絶対ここまで片付けることはできなかった。」

 

「いつかやろういつかやろうと思いながら、結局何年も何十年もできなかった。」

 

「大量に出たゴミの処分がこんなに大変だと思わなかった。」

 

「まるで家が生き返ったようで、気持ちも清々しく軽くなった。」

 

「安東流の片付けは、(いい意味で)思っていたのと違っていた。」

 

こんな感想を口々に伝えてくれました。

 

私も安東流のお片付けに出会っていなければ、きっと実家を片付けきることはできなかったと思います。

 

そして、実家を片付けるにあたっての

 

★田舎から出てきた両親が、働いて働いて、念願叶ってやっと建てた家なのに、いざ建ってみたら、母にとって不満だらけのこの家(特にキッチン)を、少しでも快適に使いやすくしたい。

 

★年齢を重ねた両親が、お互いに不満に目を向けるのではなく、仲良く安心して快適に暮らせるようにしたい。

 

という目標も、安東流だからこそクリアできたと思っています。

 

【安東流の本物のお片付け】をもっと伝えていきたい。

 

美しい暮らしの空間アドバイザーとして、関西中心ではありますが、お片付けにお悩みの皆さんのお役に立ちたいと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

人気ブログランキングに参加中♪


下のバナーをポチッと、応援お願いいたします♪




掃除・片付けランキング


トップへ戻る